商品紹介

HOME > 商品紹介

陶磁器関係

陶磁器以外の分野

陶磁器関係

磁器やBone China、ガラス、琺瑯、七宝等の装飾用材料として、金、プラチナのブライトやマットのペーストとリキッド(液)、それにラスターのペーストやリキッドを製造販売しています。
さらに、当社の得意な電子レンジ用の金やプラチナも取り揃えています。
特に転写紙の焼成時に発生する燃焼ガスに耐えるコート用金液もございます。

We produce the bright or matt paste and liquid of gold and platinum for bone china, porcelain, glass, enamel and shippo and the paste and the liquids of the luster, sell them.
Furthermore, there are our proud gold and platinum which are usable with a microwave oven safely.
There is also a gold liquid withstand combustion gases generated during firing of the transfer paper.

以下、各項目のボタンクリックで詳細説明が見られます。
A detail description is seen by the button click of each item below.

  • 磁器
  • ボーン・チャイナ
  • ガラス
  • 琺瑯・七宝
  • リキッド
  • ペースト
  • リキッド
  • ペースト
  • リキッド
  • ペースト
  • リキッド
  • ペースト
  • ブライト
  • マット
  • ラスター
  • ブライト
  • マット
  • ラスター
  • ブライト
  • マット
  • ブライト
  • マット
  • ブライト
  • マット
  • ラスター
  • ブライト
  • マット
  • ラスター
  • ブライト
  • ラスター
  • ブライト
  • ラスター
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ラスター
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ラスター
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ラスター
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ラスター
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ラスター
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ラスター

その他

陶磁器以外の分野

温故知新

日本の陶磁器産業の古い技術(Old Technology)を、新しい視点から見直し、新しい産業に横展開して、差別化可能なNanotechnology、High Technologyとして開発し、競争優位で高収益な製品、商品を開発する。
28元素とその混合物の薄膜ペーストと薄膜リキッド(薄膜液)

薄膜ペースト:薄膜を印刷で作成できるペースト
薄膜リキッド:薄膜をディップやディスペンサー、スプレーにて作成できる液  

セラミックスやガラス上に塗布後、約150℃以下でゆっくりと乾燥する。
その後、500~850℃の温度で焼成することによって、金やプラチナを含む28種の元素とその混合物の薄膜を作成出来ます。
このような薄膜リキッド①と薄膜ペースト②の販売を全面的に開始します。

これらの薄膜リキッドや薄膜ペーストは、各種の元素を、粉体でなく(パウダーレス)有機物との化合物であるレジネート③の形つまり、分子レベルの状態で含んでいますので、分散性は非常に良好です。
薄膜ペーストは、スクリーン印刷が可能ですから、印刷機と焼成炉があれば、安価でかつ容易に、大面積の薄膜のパターン化が、エッチングなどを行うことなく可能です。(厚膜の手法で、薄膜が作成できる)
したがって、設備投資額が少なく、作業の安全確保と廃液処理などの負担が大きく軽減されます。
また、パウダーレス(粉体を含まない)なので、ファインパターンも可能です。
薄膜リキッドは、インクジェットの可能性もあります。

①薄膜リキッド:通常はパウダーレス、フリットレスで、一つか複数の各種の金属や非金属のレジネートの入った液体です。
基材にディップ、スピンコート、刷毛あるいはディスペンサー等で塗布した後、150℃以下で乾燥し、600℃(200℃の可能性あり)から850℃の中の適切な温度で焼き付けるとナノレベルの膜厚が得られます。

②薄膜ペースト:通常はパウダーレス、フリットレスで、一つか複数の各種の金属や非金属のレジネートの入ったペーストです。基材にスクリーン印刷やパッド印刷で塗布した後、150℃以下で乾燥し、600℃(200℃の可能性あり)から850℃の中の適切な温度で焼き付けると、ナノレベルの膜厚が得られます。

③レジネートとは、金属や非金属元素と有機物を反応させたもので、無機・有機化合物、あるいは無機・有機ハイブリッドです。
焼成することによってこの有機物を燃焼させると、ナノレベルの金属や非金属の膜が得られ薄膜となります。

特徴

1、厚みが0.1~0.2μmの薄膜をスクリーン印刷やディップ、ディスペンサー、スピンコートあるいはスプレーで作れます。
 ①、安価な設備で可能。
   印刷機あるいはディップ装置またはディスペンサー、乾燥機、焼成炉だけでパターン化した成膜が可能
 ②、容易な作業が可能。
   印刷、ディップ、ディスペンサーにスプレーなどいづれも、比較的安易な作業が可能です。
2、スクリーン印刷ができるので、直接パターン化できます。
 ①、エッチングは不要です。
 ②、安全です。
 ③、廃液処理は不要です。
3、スクリーン印刷ができるので、大面積が可能です。
4、粉体を含んでいないので、ファイン・パターンに有利です。 
5、熱膨張係数に大きな差がある基材にも、薄膜のためにクラックの発生が少ないナノコーティングが可能です。  
6、適切な配合と熱処理により、合金やセラミックスの薄膜パターンあるいは薄膜コーティング、いわゆるナノコーティングも可能です。
7、湿式のナノ材料で、微粉体ではないので、安全衛生上の粉塵の心配がありません。

基材   性状 塗布方法 材料の種類
セラミックス、
ガラス、
結晶化ガラス等
薄膜リキッド 筆塗り、ディップ、
スプレー
28種の単一元素とその混合品
スピンコート、
ディスペンサー
薄膜ペースト スクリーン印刷
パッド印刷

薄膜リキッドと薄膜ペーストの塗布、乾燥、焼成時の膜厚の変化のイメージ

分子レベルの金属が有機物と化合しているので、大きな体積を占める有機物が焼成によって分解あるいは燃焼して消失すると、残った非常に小さな割合の金属等の元素が、非常に薄い膜、つまり金属等の薄膜が焼成によって形成されます。

金のレジネートの場合の概念図

薄膜リキッド(薄膜液)と薄膜ペーストの元素の種類

貴金属:金、白金、銀、パラジウム、ロジウム、ルテニウム
卑金属:ビスマス、錫、チタン、銅、ジルコニウム、亜鉛、インジウム、ネオジム、クロム、リチウム、
 マグネシウム、マンガン、鉄、コバルト、モリブデン、バナジウム、アルミニウム、カルシウム、
 ニッケル、バリウム
非金属:珪素、ホウ素、

考えられる用途:着色透明、無色透明、貴金属色、金属色の装飾材料、
単一元素や複合体、あるいはガラスフリットやセラミックスのような化合物の薄膜、薄膜絶縁体、薄膜導電体、薄膜耐熱材料、特定波長の薄膜反射膜、 他