よくあるご質問

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

Q1

Q2

Q3

Q4

Q5

Q6

よくあるご質問

金のリキッドは、金粉が溶剤の中でどのように分散しているものですか?
分散は安定していますか?

How are the flakes of gold dispersed within the liquid gold?
Is the distribution of flakes even?

金のリキッドは、光沢の強いブライトと光沢を抑えたマットの二種類があります。
ブライトゴールドには、金や他の添加剤としての元素は、樹脂と反応した形(レジネート)で入っています。
特殊な場合を除きまして、金粉やガラスフリットの粉を全く含まない(パウダーレス)な液体ですから、非常に安定した分散状態を保持できます。
一方、マット金では、光沢を抑制するために、比重の大きな金粉が多量に配合されています。
そのために、比較的沈殿し易いですから、塗布時にはよく攪拌してお使いください。

The liquid gold has two kinds of bright and matte.
A gold and the element as other additive agents is contained in bright gold in the form where it reacted to resin (resinate).
Except in special cases,it is a liquid which does not contain gold powder or the powder of frit at all (powder-free) .
Therefore I can maintain a very stable dispersion state.
On the other hand, with mat gold, in order to control gloss, gold powder of big specific gravity is blended so much.
Therefore, it is comparatively easy to precipitate, so please, agitate well before an pplication.

塗布するには、どのような方法が良いでしょうか?

What is the best way to apply it?

リキッドは、筆塗りかディップあるいはスプレー、スピンコーター法が可能です。
(まだ経験はありませんが、ディスペンサーあるいはインクジェットでも、少し液を調整すれば使えると思います。)
ペーストは、基材に直接スクリーン印刷することができます。特殊仕様のペーストならば、パッド印刷も可能です。
間接法としては、転写紙に印刷することも可能です。
乾燥する場合、低温で燃焼し易い樹脂が含まれていますので、クラックの発生を防止するために、
150℃以下の温度で、特に温度上昇は15分間くらいかけて穏やかに行ってください。
温度が高過ぎたり、急激な温度上昇は、膜にクラックを生じさせる場合があります。

Liquid gold can be applied by brushing, dipping, spraying, or spin coater.
(We have not yet the experience、but we think that we can it even for a dispenser or ink-jet if we adjust some liquid.)
Paste can be directly screen-printed to a base material. With special-use paste, pad printing is also possible.
As an indirect method, printing on a paper for decal is also possible.
Because of the use of resin that is combustible at a low temperature, be sure to dry lower than 150℃ and for only around 15 minutes.
When the temperature gets too high, or when there is a sudden increase in temperature, cracks can appear in the film.

金リキッドや金ペーストの焼成した膜の厚みは、通常どのくらいでしょうか?

What is the normal thickness of liquid gold or paste gold after it has been fired.

名古屋大学超高圧電子顕微鏡施設にて、断面を撮影していただいた写真から推測しますと、リキッドの場合は、約0,1μm(100nm)で、ペーストは約0.2μm (200nm)位です。

From our estimates using Nagoya University's ultra-high voltage electron microscope, liquid gold has a thickness of roughly 0.1 microns(100nm), and paste has a thickness of roughly 0.2 microns(200nm).

リキッドの塗布時の環境について、注意しなければならない点を教えてください。

About environment at the time of the application of the liquid, please teach the point where you must be careful about.

焼成した製品の膜厚は非常に薄いので、塗布面に糸屑等の小さなほこりがのっても、焼成しますとその部分に穴やクラックが生じます。
従いまして、高い良品率を維持するために、可能な限り塵や埃の無い環境で塗布作業を実施してください。
作業する道具以外にも、作業者の作業着と頭髪と紙類には注意が必要です。
クリーンルームが理想ですが費用が高額ですから、代わりに作業場を間仕切りして、水拭きによる清掃は簡単で効果が高いです。
最もお勧めする方法は、作業者が迅速焼成炉の入り口のメッシュベルトの横で製品を塗布した後、
その製品をメッシュベルトに直接載せるものです。
そうすれば、埃がワーク上に載る機会が減少し、さらに仕掛品とリードタイムと運搬も減少しますので、良品率と能率が向上し、コストダウンと競争力の向上が期待できます。           
また陶磁器は絶縁物ですので、どうしても静電気が発生しがちです。特に空気が乾燥しがちな冬は、除電装置などを設置したり、加湿器にて相対湿度をあげたりするなどの対策が必要な場合があります。
時折、基材自体に埃等の汚れや化粧品のクリーム等が付着していて、リキッドがはじけたり、焼成後クラックが生じることもありますので、基材の清掃にも留意してください。

The film on a fired good is extremely thin, so after firing even wiping the applied area with lint or similer type of cloth can cause holes or cracks.
Because of this, in order to maintain a high quality, please, apply the liquid gold in the area that is as clean as possible, with no trash or dust.
Please be aware of the not only the tools being used, but also any loose hairs or stray paper that cloud be lying around.
A clean room is ideal, but in distances when that is not possible because of expenses, portioning an area of one room and wiping down the area with a damp cloth is very simple and effective.
The method that we suggest the most is to apply the liquid gold on a mesh belt at the opening of the kiln, so once you have done the application, you can directly place it into the kiln.
By doing this, you decrease the chance of dust getting onto the item, as well as decrease transport time and lead time, increasing both quality and efficiency, which in turn reduces cost.
Because pottery is an insulated item, there will inevitably be some static electricity, especially in dry climates or in winter. To prevent too much build-up, use a humidifier or a grounding apparatus.
Sometimes there is dust or make-up remnants in the base materials themselves, which can cause the liquid to burst or can cause cracks to appear after firing, so please check the cleanliness of the base materials as well.

焼成炉における留意事項としては、どのようなことがありますか。

What are some things to bear in mind in regards to firing kilns?

次の4点です
①昇温カーブ
②炉内の雰囲気
③最高温度とその保持時間
④焼成炉と治具の清掃

①昇温カーブは、最高温度まで60分あれば安全です。
しかし、1段積みの場合は良いですが、多段積みの場合は、製品の最上段と最下段が同じ温度になることはあり得ないので、普通はもっと時間が必要です。
トラベリングにて位置と時間と温度を確認しておくべきです。
昇温が速すぎると樹脂が爆発的に急激に燃焼するので、絵柄が崩れたり、あるいは、樹脂成分が完全に燃えきらないので、炭素が残留して発色不良になることがあります。

②、煙突からの排気が不十分だと、樹脂や溶剤や可塑剤などの燃焼のために必要な炉内の酸素が不足して炭素が残ったり、あるいは、排気ガス中の炭素が凝縮して製品に付着していろいろな悪影響を及ぼします。
排気を十分に行わないと、このような不良が発生します。

③、まず必要な最高温度を確保すること。
温度制御のための炉内温度測定は、可能な限り焼成するものの近くで行うこと。
最高温度の開始時点と終了時点の2点で、温度測定をしたい。
最高温度が不足したり、保持時間が短い場合は、発色が不十分になったり、接着強度が低下します。
逆に、最高温度が高過ぎたり、保持時間が過剰な場合は、色が抜けたり、金色が赤味を帯びたり、クラックが入ったりします。

④、焼成炉内でも、金属の焼成治具やローラーやメッシュベルトのスケールや磨耗粉が炉内で浮遊して、製品や金などの装飾部の上に載って付着することがあります。
これを防ぐために、焼成治具はエアーブローにて清掃をし、時々スケールを研磨にて除去し、長期間使用したら更新してください。
スケールの発生自体を少なくするために、高品質のステンレスに変更したり、ステンレスからさらに耐熱性の高い材質に変更することも効果があります。
メッシュベルトにおいても、定期的なスケールの除去、清掃はするべきです。
さらに、炉内自体にも、金属のスケールや磨耗粉が堆積しますので、時々炉内の清掃もすべきです。
また、排気用の煙突の中にも、燃焼した有機物のガスが内側に固着して排気の際の抵抗になりますので、これらの固着物を除去してください。

Keeping in mind the following four points:
1) Temperature rise curve
2) Atmosphere in the furnace
3) The maximum temperature and the retention time
4) The cleaning of a burning furnace and the jig


1) It is best for your kiln to reach its maximum temperature within 60 minutes. However, this is best for only single-level kilns, because multi-level kilns do not heat at the same rate, so more time is necessary.
You should check the position and time and temperature by traveling.
When heating rate is so fast 
Case 1:As a resin suddenly burns explosively, a pattern collapses 
Case 2:As a resin component does not completely burn itself out,
carbon remains behind and may become poor incolor development.

2) If the exhaust from chimney is insufficient, the resin, solvent, or plasticizer could combust due to a lack of oxygen, leaving carbon particles which could stick to the pottery and cause damage. Please be care of sufficient ventilation to prevent this from happening.

3) Please confirm the maximum temperature of your kiln.
In order to control of the kiln temperature, please get a measurement as close to firing as possible.
It is ideal to measure the maximum temperature by two separate point: when the maximum temperature is initially reached and when it has fallen.
If the maximum temperature is sufficient, or the retention time is too short, the coloring may not be enough, and the adhesive strength will decrease.
Conversely, if the maximum temperature is too high or retained for too long, the color could fade and the gold could become tinged with red and cracks could appear.

4) Even inside the firing, the scales of the metal jig, roller, mesh belt, and wear debris float around inside the kiln and can stick to the pottery or to the gold. In order to prevent this, clean out the firing jig with an air-blower, and occasionally remove the scale from it by polishing it, and if you have used the same one for a long time, be sure to replace it.
To reduce the generating of a scale itself, replace it with high quality stainless steel, or replace with a higher heat resistance metal of some sort.
It is recommended to remove the scale of the mesh belt and clean it periodically as well.
Furthermore, metal scales and wear debris can pile up within the kiln itself, so be sure to clean inside the kiln periodically.

金液と金ペーストを焼成する燃料は、ガスか電気かどちらが適していますか?

Which is suitable, gas and electricity in order to fire liquid
gold and gold paste?

ガスが燃費的には安価なようですが、ワークには白生地代と転写紙代と絵付け費用など製造費用のほとんどが費やされていますので、極力不良数を減少させることを優先すべきです。
(電気による直接加熱と金属の焼成治具を使ったために、熱精算をしましたら、ガスよりも良い値が出て驚いたことがあります。)
その点から考えますと、温度制御と炉内雰囲気の制御が容易な電気の方が良いように思います。
その他、実際の製造方法等については、何なりとご相談下さい。

Although it seems that gas is cheap in fuel consumption, I think that priority should be given to decreasing a poor number as much as possible since most of manufacturing expenses, such as white body cost, decal-paper cost, and decorating expense, are spent on the work.
Because I used electric direct heating and the metal firing jig, the value that was better than gas appeared and has been surprised at the heat adjustment.

I think that the electricity that temperature control and the control of the atmosphere in the furnace are easy is better when I think from the point.